著者情報表示ショートコードについて

yStandardでは著者・管理者の情報をサイドバーなどに簡単に表示するためのショートコードを用意しています。

本記事ではその著者情報表示ショートコードの使い方をご紹介します。

著者情報ショートコード

サイドバーなどにも著者情報を表示できるショートコードがある

著者情報表示ショートコードを使うと、記事下に表示されるユーザー情報をサイドバーなどのウィジェットや、記事中の任意の場所に追加することが出来ます。

例えばこんな感じです▼

著者情報表示ショートコード用ユーザーです。

使い方

投稿を書いた人の情報を表示する

著者情報表示ショートコードはこちら(「[」と「]」は半角にして下さい)▼

[ys_author]

上記のショートコードを記事中に挿入すれば記事を書いた人の情報を表示出来ます。

投稿一覧ページなどで表示するユーザーを指定する

[ys_author]だけでは、TOPページや一覧ページなどで著者情報が表示されません。

一覧ページ等で表示するユーザーはdefault_user_nameパラメータで指定できます。

[ys_author default_user_name="user_name"]

user_name部分は任意のユーザー名に変更して下さい。

サイドバーなどのウィジェットを使う場合はdefault_user_nameまで指定してご利用頂くことを推奨いたします。

特定のユーザー情報を表示する

投稿を書いた人に関係なく、特定のユーザー情報を表示したい場合はuser_nameパタメータを指定します。
(※こちらの機能はバージョン 1.0.1以降で利用できます)

[ys_author user_name="user_name"]

user_nameで指定したユーザーが必ず表示されますので、例えば「ライター一覧」のようなページを作る時に使っていただければと思います。