おすすめプラグイン機能の使い方

おすすめプラグイン機能の使い方

2020.04.30
プラグイン

yStandardを使うなら一緒に使っておきたいおすすめプラグインのインストール機能の使い方について紹介します。

動画マニュアル

おすすめプラグインのインストール・有効化方法

おすすめプラグインのインストール画面を表示する

おすすめプラグインのインストール画面を表示する

画面上部のに表示されるおすすめプラグインの案内の「プラグインをインストールする」をクリックします。

おすすめプラグインの一覧画面が表示されます

続いて、プラグインをインストールします。

プラグインのインストール

「プラグイン」の左横のチェックをつけます

おすすめプラグインの一覧の見出し行にあるチェックボックス(「プラグイン」の左に表示)にチェックをつけます。

すると、一覧全てのプラグインにチェックが付きます。

一括インストールをする

続いて、一覧の上に「一括操作」と表示されたセレクトボックスをクリックし、「インストール」を選択します。

「適用」をクリック

続いて「適用」をクリックします。

インストールが完了したらおすすめプラグインの一覧に戻る

インストールの完了画面が表示されたら「おすすめプラグイン一覧にもどる」をクリックして一覧にもどります。

インストールしたプラグインの有効化

全てのプラグインをチェックして有効化

プラグインのインストールと同様に、一覧見出しのチェックボックスにチェックをし、「一括操作」の選択で「有効化」を選択して「適用」をクリックします。

おすすめプラグインのインストール完了

「プラグインの有効化が完了しました。」が表示されたらプラグインのインストール・有効化完了です!

おすすめプラグインの設定について

Lazy Load – Optimize Images

画像やiframeを遅延読み込みするためのプラグインです。

サイト表示高速化の対策の1つとしておすすめしています。

Lazy Load - Optimize Images

設定は「設定」→「LazyLoad」から設定画面を開きます。

チェックが付けられる部分が3つほどあるので全てチェックをつけます。

ページの下の方にある「SAVE CHANGES」をクリックして設定完了です。

その他細かな特徴と設定については下記ページを参考にしてみてください▼

WordPressサイト高速化・ページ読み込み高速化の対策の1つとして、まだ画面に表示されていない画像をスクロールに合わせて遅延読み込み(Lazy Load)さ…
yosiakatsuki.net

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語で使う場合に文字の取り扱いで不都合が発生する部分をよしなに調整してくれるプラグインです。

設定はありませんが、日本語でサイトを運営するのであれば必ずプラグインをインストール・有効化しておきましょう。

yStandard Blocks

yStandard用のブロックエディター拡張プラグインです。

プラグインを有効化すると、編集画面で使えるブロックが追加されます。

yStandard Blocks
  yStandard Blocks yStandard専用のブロックエディター(Gutenberg) ブロックプラグイン。 インライン装飾機能や様々なブロック…
wp-ystandard.com

その他のおすすめプラグイン

おすすめプラグイン機能でインストール出来るプラグインの他、サイトの運営スタイルによって、追加しておくと便利なおすすめプラグインがあります。

このページで紹介したプラグイン以外のおすすめプラグインについてはこちらのページをご覧ください▼

yStandardサイトにピッタリなおすすめプラグイン
yStandardと相性のよいおすすめプラグインについて紹介します。
wp-ystandard.com