カスタムタクソノミーの一覧を1カラム表示にする方法

カスタムタクソノミーの一覧を1カラム表示にする方法

カスタムタクソノミー
上級者向け
PHPカスタマイズ
yStandard

特定のカスタムタクソノミーの一覧ページをを1カラム表示、2カラム表示にするカスタマイズ方法について紹介します。

このページは上級者向けマニュアルです。

自作のプラグインや子テーマを使ってPHPでカスタマイズする内容が含まれます。

WordPress勉強中の方は知らない単語や関数などを調べながらカスタマイズにチャレンジしてみてください。

※このカスタマイズにはyStandard v4.14.0以上が必要になります。

一覧ページを1カラムにする方法

カスタムタクソノミー「manual_category」の一覧ページを1カラムにしたい場合のサンプルコードです▼

// カスタムタクソノミー「manual_category」の一覧ページを1カラムにする.
add_filter( 'ys_manual_category_taxonomy_archive_one_column', '__return_true' );

フィルターフック ys_${taxonomy}_taxonomy_archive_one_column を使い、tureを返すことで1カラムで表示できます。

${taxonomy}部分は適宜変更してください。

一覧ページを2カラムにする方法

カスタムタクソノミー「manual_category」の一覧ページを2カラムにしたい場合のサンプルコードです▼

// カスタムタクソノミー「manual_category」の一覧ページを2カラムにする.
add_filter( 'ys_manual_category_taxonomy_archive_one_column', '__return_false' );

1カラムにする場合とは逆にフックの戻り値をfalseにすれば2カラムになります。