トップページを固定ページ表示にした場合に投稿一覧ページを表示する方法

トップページを固定ページ表示にした場合に投稿一覧ページを表示する方法

TOPページを固定ページで表示した場合、今までTOPページに表示されていた投稿一覧ページが表示されなくなります。

このマニュアルではTOPページに固定ページを表示した状態で投稿一覧ページも表示させる方法について紹介します。

前提条件:TOPページに固定ページを表示した状態

ホームページ設定がされていることがこのマニュアルの前提条件

このマニュアルの前提条件として、TOPページに固定ページを表示している…つまり、表示設定でホームページの表示を「固定ページ」にしている方が対象になります。

TOPページに固定ページを表示する方法についてはこちらのマニュアルをご覧ください▼

トップページを投稿の一覧ではなく固定ページで作成した内容を表示する方法
WordPressをインストールしたばかりのサイトでは、TOPページには投稿の一覧が表示されることが多いです。 コーポレートサイトや店舗サイト、ポートフォリオサ…
wp-ystandard.com

投稿一覧ページを表示する設定

それでは投稿一覧ページを表示する設定について紹介します。

投稿一覧ページ用の固定ページを新規作成する

投稿一覧用の固定ページを作成する

まずは投稿一覧表示用のページを新規作成します。

中身は空白でも大丈夫ですが、「タイトル」と「パーマリンク」は設定しておきましょう。

タイトル:ページ上には表示されませんが、ブラウザのタブなどに表示される部分のページタイトル(titleタグ)として使用されます。

パーマリンク:投稿一覧のページURLとして使用されます。

ページは「公開」にしておきましょう。(「下書き」ではこの先の設定ができません。)

作成した固定ページを投稿一覧ページに割り当てる

投稿ページに作成した固定ページを割り当てる

表示設定のホームページの表示で「投稿ページ」に先程作成した固定ページを設定します。

投稿一覧ページが表示されるか確認する

投稿一覧ページが表示されるか確認する

投稿ページの設定が完了したら、投稿ページに設定した固定ページの「表示」をクリックして投稿一覧ページが表示されるか確認しましょう。

投稿一覧が表示されるか、ページのURL、ブラウザのタブに表示されるタイトルを確認して、修正したい部分があれば固定ページの編集画面から修正します。

「投稿ページ」に設定したページを編集する場合、ブロックエディターではなく、クラシックエディターの表示になりますが、これはWordPressの仕様となります。(キャプチャはWordPress 5.7.2時点)

投稿ページに設定したページはクラシックエディター画面になる

新規作成したときと編集画面が異なりますが、気にせずそのままタイトルやパーマリンクを修正してください。

関連マニュアル

投稿一覧ページの先頭にアイキャッチ画像を表示する方法
投稿一覧ページの先頭に、カテゴリー一覧ページのアイキャッチ画像のように、画像を表示させる方法です。
wp-ystandard.com