トップページを投稿の一覧ではなく固定ページで作成した内容を表示する方法

トップページを投稿の一覧ではなく固定ページで作成した内容を表示する方法

WordPressをインストールしたばかりのサイトでは、TOPページには投稿の一覧が表示されることが多いです。

コーポレートサイトや店舗サイト、ポートフォリオサイトなど…ブログとは違う、いわゆる「ホームページ」として使うサイトでは投稿の一覧ではなく、キャッチコピーやサービス内容などをトップページに掲載するすることが多いと思います。

このマニュアルでは、TOPページを投稿一覧ではなく、より作り込まれたページにするために、固定ページで編集した内容をTOPページに表示する方法について紹介します。

TOPページを固定ページで作り込む

TOPページを固定ページで作り込んだ例:yStandard TOPページ
yStandard公式サイトTOPページ

yStandard公式サイトTOPページのように、TOPページにキャッチコピーやサービス概要など、投稿一覧ではなく、文章・画像・ボタンを使って作り込んだページを表示する方法について紹介します。

設定自体はすごくシンプルですが、ブログとは違った「ホームページ」「Webサイト」を作る際に重要な設定となりますのでぜひ覚えておいてください!

TOPページ表示用の固定ページを作る

TOPページ表示用のページを作成する

まずはTOPページに表示する内容を編集するための固定ページを新規作成します。

タイトルにはTOPページ表示用のページということがわかりやすいものを設定しておきましょう。

TOPページタイトルは基本設定で設定したサイトのタイトルが表示されます

また、ページは必ず「公開」しておきます。(「下書き」ではこの先の設定ができません。)

作成した固定ページをTOPページに割り当てる

続いて、作成した固定ページをTOPページとして表示されるように割り当てます。

表示設定かたTOPページを割り当てる

「設定」→「表示設定」を開きます。

「ホームページの表示」設定で「固定ページ」を選択し、「ホームページ」に先程作成したページを設定し、「変更を保存」しましょう。

TOPページを表示した状態

ホームページ設定ができた状態で、サイトのTOPページを表示してみると、投稿一覧が表示されなくなりました。

この状態では、まだ固定ページの中身を何も編集していないため、中身の無いサイトになっていますが、固定ページの中身を編集すれば、作成した文章などが表示されます。

サイドバーや著者情報の表示については固定ページのデザイン設定に準じます。詳しくはこちらのマニュアルをご覧ください▼

固定ページレイアウト設定
固定ページの表示に関する設定について紹介します。 固定ページレイアウトの設定は「[ys]デザイン」設定内にあります。
wp-ystandard.com

続いて、TOPページの中身を作り込んでいきましょう。

  • サイトが公開済みの場合、作成途中のページが見えてしまうので、TOPページ用の内容が完成するまでは「設定」→「表示設定」の「ホームページの表示」を「最新の投稿」に戻しておきましょう。

TOPページの内容を編集する

TOPページ表示用の固定ページの編集画面からブロックを使ってページの内容を作り込んでいきましょう。

TOPページをサイドバーなしの1カラム表示にする場合、表示幅をサイトヘッダーやフッターの幅に合わせた幅の広いタイプがおすすめです。

1カラム表示と幅の広いタイプの設定方法についてはこちらのマニュアルを参考にしてください▼

固定ページを1カラム表示・幅を広く表示する方法
yStandardではデザイン設定(投稿ページ・固定ページ)やページテンプレートでサイドバーを表示しない1カラムでの設定ができるようになっています。 1カラムで…
wp-ystandard.com

「TOPページにどんなことを書いたらいいのかなかなか思いつかない…」という場合は、作品事例ページに掲載されているサイトなどを参考にしてみてください。

作品事例
wp-ystandard.com

ブロックを活用し、HTMLやCSSを書かなくてもステキなTOPページを作ってみてください!

関連マニュアル

ページ別に日付や目次、記事下エリアの表示・非表示を変更する方法
投稿別に日付や目次、記事下エリアの著者情報や関連記事の表示・非表示を変更する方法について紹介します。
wp-ystandard.com