カテゴリー一覧ページに投稿や固定ページで作成したようなコンテンツを表示させる方法

カテゴリー一覧ページに投稿や固定ページで作成したようなコンテンツを表示させる方法
2020.02.27

WordPressの標準機能ではカテゴリー一覧やタグ一覧ページには記事の一覧が表示されます。

テーマによってはカテゴリーの「説明」に入力した内容が表示されることがありますが、あまり多くのコンテンツを入力するのには向いていません。

yStandardでは「[ys]パーツ」機能を使うことでカテゴリー・タグの一覧ページ上部に表示するコンテンツをブロックエディターを使って詳細に編集・表示できます。

※この機能はyStandard v3.13.0から使用できる機能です。

一覧のページタイトルと説明部分を編集できる

カテゴリー一覧ページのコンテンツを編集出来る

カテゴリー・タグ一覧ページの編集機能を使えば、カテゴリー一覧ページのタイトル書き換えとタイトルの下に表示される説明部分に「[ys]パーツ」で作成した内容を表示できます。

カテゴリー一覧編集機能の使い方

カテゴリー編集ページを開く

一覧ページをカスタマイズしたいカテゴリーの編集画面を開きます。

カテゴリー一覧ページのカスタマイズメニュー

カテゴリー一覧編集機能関連の設定はこちらの3つです▼

  • 「[ys]一覧ページのタイトルを置き換える」
  • 「[ys]一覧ページの説明を置き換える」
  • 「[ys]カテゴリー一覧ページのOGP画像」

「[ys]一覧ページのタイトルを置き換える」は一覧ページの表示タイトルとtitleタグに使用するタイトルを入力します。

「[ys]一覧ページの説明を置き換える」には説明部分に表示する内容を公開済みの「[ys]パーツ」から選択します。

「説明」に何か入力があった場合でも、「[ys]一覧ページの説明を置き換える」で選択したパーツの内容に置き換わるのでご注意ください。

「[ys]パーツ」の使い方はこちら▼

「パーツ」機能を使ってブロックを使ったコンテンツをウィジェットや定型文として投稿に表示する方法
「[ys]パーツ」機能を使うと、サイドバーやフッターなどウィジェットを使って表示する部分のコンテンツをブロックエディターで編集できたり、ショートコードを使うこと…
wp-ystandard.com

「[ys]カテゴリー一覧ページのOGP画像」はFacebookやTwitterなどで一覧ページのURLがシェアされたときに表示される画像を指定します。

「画像をアップロード」ボタンをクリックすると画像を選択するダイアログが表示されます。

このページではカテゴリーを例に説明しましたが、タグ一覧も同様の手順でカスタマイズが可能です。