FacebookやTwitterにシェアした際にタイトルやデスクリプションが変更されない場合の対処方法

FacebookやTwitterにシェアした際にタイトルやデスクリプションが変更されない場合の対処方法

SNS
初心者向け
OGP

FacebookやTwitterにページのURLをシェアした際、アイキャッチ画像やタイトル・メタデスクリプション(投稿の概要・抜粋文)が表示されます。

この表示ですが、一度URLをシェアしたあとにページのタイトル等を変更しても、FacebookやTwitterで表示される情報へ反映されない場合があります。

通常、時間が経過すれば変更したものが反映されますが、すぐに変更を反映したい場合はこのマニュアルで紹介する方法を試してみてください。

FacebookやTwitterでURLをシェアした際の情報はすぐには更新されない

TwitterでURLをシェアしたときの例

FacebookやTwitterでURLをシェアした際に表示されるアイキャッチ画像やタイトルなどは、情報がある程度の期間保存(キャッシュ)され、2回目以降のURLのシェアではキャッシュしてある情報を使うことで情報の再取得せずに効率的に情報を表示するようになっています。

このキャッシュは時間が経過すれば自動で更新されますが、すぐに更新したい場合は次のようなツールを使いましょう。

「シェアデバッガー」でFacebookの情報を更新する

まずは以下のURLから「シェアデバッガー」にアクセスします。

https://developers.facebook.com/tools/debug/

ページ上部の入力欄に情報を更新したいページのURLを入力し、右側の「デバッグ」ボタンをクリックします。

「リンクをプレビュー」で表示される内容が更新されたものか確認しましょう。

もし、更新前の情報の場合、「もう一度スクレイピング」をクリックし、最新の情報を取得しましょう。(それでも最新情報にならない場合、2,3回「もう一度スクレイピング」をしてみましょう)

これで多くの場合情報が更新されるはずです。

「カードバリデーター」を使ってTwitterの情報を更新する

まずは以下のURLから「Card validator(カードバリデーター)」にアクセスします。

https://cards-dev.twitter.com/validator

「Card URL」の入力欄に情報を更新したいページのURLを入力し、「Preview card」ボタンをクリックします。

右側にプレビューが表示されるので、表示される内容が更新されたものか確認しましょう。(最新情報にならない場合、2,3回「Preview card」をしてみましょう)

それでも情報が更新されない場合…

ツールを使っても表示される内容が変わらない場合、以下のような点を確認してみてください。

  • テーマ・yStandard関連プラグイン以外のプラグインでOGPやTwitterカードに関する情報を出力していないか
  • 設定が正しく保存されいるか
  • OGP/Twitterカード用のタイトル・メタデスクリプション設定の更新を忘れていないか

yStandardの機能で設定を変更してもいつまでの表示内容が変わらない場合、SEO関連のプラグイン・SNS関連のプラグインでOGPが出力されている可能性があります。

確認のためにyStandard関連プラグイン以外のプラグインを無効化し、「シェアデバッガー」「カードバリデーター」を試してみてください。

関連マニュアル

投稿別にmeta description・投稿抜粋を設定する方法
投稿別にmeta descriptionを設定する方法について紹介します。
wp-ystandard.com
Twitterカード用metaタグ出力の設定方法
Twitterカードの設定方法について紹介します。 Twitterカードの設定は「[ys]SNS」→「Twitterカード」から設定します。
wp-ystandard.com
OGP metaタグの出力・デフォルト画像の設定方法
OGP metaタグの出力、OGP用のデフォルト画像の設定について紹介します。 OGPタグの設定は「[ys]SNS」→「OGP」から設定します。
wp-ystandard.com