yStandardのWordPress 5.0 対応状況について

2018年12月7日 WordPress 5.0 がリリースされました。

今回のアップデートでは、投稿画面が「Gutenberg」という今までとはガラッと違うものに刷新され、かなりインパクトの大きなアップデートとなります。

いろいろなテーマがいろいろな対応をしていると思いますが、yStandardのWordPress 5.0、Gutenberg対応についてお話いたします。

yStandardは WordPress 5.0 で追加されるエディター「Gutenberg」に暫定対応しています

yStandardはv2.12.0にてGutenbergに暫定対応しています。

暫定対応としているのはyStandardではテーマ独自のAMP機能をもっており、AMPでCSSの容量オーバーエラーが発生させないために、Gutenbergのすべてのブロックに対してのCSSを含めることができていないからです。

1カラムのときにだけ幅広画像やフル幅の画像表示に対応していたり、カバー画像、ギャラリー、埋め込みなどには対応しています。

それ以外のブロックについては、テーマではなく、WordPress本体が出力しているCSSに任せる形になりますので、一応「WordPress 5.0に対応している」と言ってもいいかな?と思ったり思わなかったりするところです…

テーマのAMP機能を使っている場合はご注意を!

テーマのAMP機能を使っている場合は、AMPレイアウトに対応できていないブロックの表示が崩れる恐れがあります。

段落ブロックや引用ブロックなど、旧エディター上部にボタンがあったものと同様の意味合いのブロックについてはこれまで通り問題なく表示できますのでご安心下さい。

まとめ:お好きなタイミングでGutenbergの効率的な編集体験を!

yStandardでは便利な入力支援機能が無いのでCSS以外に特に対応することはありません!

CSSも主要そうなブロックについては対応しています!

お好きなタイミングでGutenbergの効率的な編集体験をお楽しみ下さい!

ちなみに、旧コンテンツからブロックへの変換にはテーマは関与しておりません。
ブロック変換でなにかおかしなことになった場合はテーマではなくGutenbergの問題か、仕様となりますのでご了承下さい。

現在は暫定対応としていますが、完全対応はyStandard v3.0.0で行います。
(v3.0.0でyStandardもガラッと機能・デザインを変え、新しく生まれ変わるイメージになります)

現在はAMPにも対応させるため、ベースのCSSを見直し、CSS容量削減に取り組んでおります…
WordPress 5.0のリリースに全然間に合ってないのですが、次期バージョンをお待ち下さい

ではまた。