yStandard v2.12.3公開 – Gutenberg用CSSの追加、スライドコンテンツ調整

yStandard v2.12.3を公開しました

主な変更点についてのご案内です。

よっひー(@yosiakatsuki)です。

2019年02月10日 yStandard v2.12.3を公開しました。

主な更新内容については以下の内容になります。

  • 機能追加
    • Gutenberg用 CSS 追加(「メディアと文章」「カラム」ブロック)
  • 不具合修正
    • 横スライドコンテンツのスクロールバー太さ調整

機能追加

Gutenberg用 CSS 追加(「メディアと文章」「カラム」ブロック)

Gutenberg完全対応とはいかないまでも、WordPress本体で読み込まれるGutenberg用CSSをyStandardに合わせて調整するCSSを追加しました。

今回調整したブロックは「メディアと文章」「カラム」ブロックです。

不具合修正

横スライドコンテンツのスクロールバー太さ調整

記事下の関連記事など、横スライドするコンテンツのスクロールバーを少し太くしました。

PCでもマウスドラッグできたほうがいいと思うので、今後対応を検討します。

まとめ

yStnadardは現在大幅アップデートのversion 3を開発中です

Gutenberg対応しつつAMPにも対応したテーマになる予定です。

仕様が大きく変わるので別テーマのようなイメージになります。WordPress 5.0の登場など、最新の状況に合わせる為に今までのやり方をガラッと変える必要があり、利用いただいている方にはご不便をおかけしてしまうかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。

yStandardのこれからも応援よろしくおねがいします!

ではまた。