yStandard v4 リリース🎉 v3からの変更点やアップグレード方法について

yStandard v4 リリース🎉 v3からの変更点やアップグレード方法について

お知らせ

今までよりも細かな設定が出来るように、でも機能はシンプルになった yStandard v4 をリリースしました🎉

v4で追加・変更・削除になった機能についてと、v3からv4へのアップグレード方法について紹介いたします!

v4で追加になる機能

投稿・固定ページのアイキャッチ表示タイプ

v4からアイキャッチ画像の表示タイプを変更しました。

記事タイトルの上に表示するタイプ(左)とサイトヘッダー部分に表示するタイプ(右)になります。

今まで、サイトヘッダー部分に大きく表示するタイプはワンカラムテンプレートのみで使用可能でしたが、今回からはサイドバーがあってもヘッダー部分に大きく表示できるようになりました。

目次機能の追加

目次機能の追加

投稿内に目次表示する機能を追加しました。

テーマ側で用意している機能としては最低限の機能になるため、開閉機能などは用意していません。

もし細かな調整が必要になる場合は、別途プラグインをインストールして目次を表示して頂く必要があります。

SNSシェアボタン種類の追加

SNSシェアボタンは以下の5種類を追加しました。

  • 四角
  • アイコンのみ
  • 公式
  • 表示しない

記事下SNSシェアボタンの上下にテキスト表示

シェアボタン上下にテキストを追加

記事下のシェアボタンの上下にテキストを表示できるようになりました。

上側は太字で少し大きめに、下側は少し小さめにテキストが表示されます。

著者表示情報に「肩書」を追加

肩書設定の追加

著者情報に「肩書」の設定を追加しました。

自己紹介の一部として活用してみてください。

おすすめプラグインの表示機能

おすすめプラグインの表示

yStandardと相性がよく、誰にでも利用をおすすめ出来るプラグインを簡単にインストール出来る機能を追加しました。

該当のプラグインがインストール・有効化されていない場合、ダッシュボードの上部に通知が表示されます。

通知の「プラグインをインストールする」をクリックすると、おすすめプラグイン一覧ページへ移動します。

おすすめプラグイン一覧

一覧から簡単にプラグインのインストール・有効化ができます。

おすすめプラグインは流行りに合わせて変更していく予定です。

AMPなど、使う人によって必要・不要が分かれるプラグインについては公式サイト内におすすめプラグインを紹介するページを作成します。

サブフッターエリア追加

サブフッター機能

既存のウィジェット表示が出来るフッターの上側に「[ys]パーツ」機能を使ってコンテンツを表示できるサブフッター機能を追加しました。

機能追加時点では、WordPress 5.4 から利用できるソーシャルアイコンブロックを使ってSNSアカウントページのリンクを作成することを目的としていますが、ブロックをうまく組み合わせれば色々な使い方ができると思っています。

活用例は別途サイト内で紹介していきたいと考えています。

カテゴリー・タグクラウドウィジェットへのスタイル追加

カテゴリー・タグクラウドウィジェットにスタイル追加

v4からはカテゴリーウィジェット・タグクラウドウィジェット、その他アーカイブやメニューなど、一覧表示されるものにはテーマ側でスタイルをつけました。

投稿内の見出しなどは引き続きスタイルをつけていませんが、ウィジェット内のリストはスタイルをつけたほうがいいなと思うことがあったので追加しました。

ダッシュボードへのお知らせ表示

ダッシュボードへおしらせ情報の一覧を追加

ダッシュボード内に「yStandardのお知らせ」として、公式サイト内のお知らせ記事の一覧が表示される機能を追加しました。

絵文字機能の有効化

今まで速度面の対策として絵文字をOFFにしていましたが、v4からは絵文字を使用できるように変更しました。

ただし、絵文字用のスクリプトの出力位置を調整しているので、絵文字の表示がワンテンポ遅れると感じる場合は設定で絵文字調整機能をOFFにしてください。

ランキング表示用プラグイン連携機能

廃止される機能に関連しますが、v4ではテーマ側でのランキング作成機能が廃止になります。

その代わり、記事一覧ウィジェット・ショートコードではGoogle Analyticsのデータを使ってランキングが作成できるプラグイン「Simple GA Ranking」の連携機能を追加しました。

Google Analyticsにアクセス解析のデータがあれば、テーマを入れる前からのデータを使ってランキングが作れるようになります。

テーマ内の構造を大幅に変更

今回のアップデートでPHPコードの大幅な見直しを行いました。

テーマ内部は今までのものを全部壊して1から作り直した…と言ってもいいレベルです。

今まで少しずつ機能を追加してきたコードが積もり積もって「一度キレイにしたいけど、今となっては大仕事…」という状態になってましたが、騙し騙し機能追加してき他部分も少なくありません。

流石にメンテナンスが大変になって機能追加しづらい部分があったので、今回は思い切ってキレイに作り直しました。

WordPress 5.0、ブロックエディターが出てからもう1年半くらいが経ち、ブロックエディターを使っている方も増えたので、今後はブロックエディターを使うことを前提に、テーマ側の機能をシンプルにして、ブロックの機能を充実させていく方針となります。

全機能のマニュアル作成・カスタマイザーからのリンク

マニュアルリンクの追加

カスタマイザーや設定画面にマニュアルページのリンクを表示し、簡単にマニュアルにたどり着けるようにしました。

※v4.0.0 リリース時点ではマニュアルページは用意してあるものの、「準備中です」となっているページがほとんどです。詳細については後述の「マニュアルページの準備について」をご覧ください。

v4で変更になる機能

v4では以下の内容が変更になります。

  • フォントのデフォルト変更
    • v4からはフォントの設定がメイリオ・ヒラギノ角ゴシックがデフォルト設定になります。
  • モバイルメニュー内の検索フォーム表示をPCと統合
    • PCでもヘッダーに検索フォームを表示するボタンを表示できるようになります。
  • アーカイブレイアウトのデフォルトをカードタイプに変更
    • アーカイブページのレイアウトはカードタイプがデフォルトになります。
  • ページテンプレート2種類の変更
    • 「1カラム-スリム(タイトル・アイキャッチ画像・パンくずなし)」「1カラム(タイトル・アイキャッチ画像・パンくずなし)」テンプレートが変更になります。
    • 移行ツールで一括で新しいテンプレートに変更できます。
  • フッター SNSリンク表示機能
    • フッターのSNSリンク表示設定を廃止し、サブフッター機能を使って表示するように変更になります。
  • アイコン表示をすべてSVGアイコンへ変更
    • Font Awesomeでのアイコン表示を廃止し、SVGアイコンでのアイコン表示に変更しました。
    • カスタマイズ用にアイコンを表示するショートコードを用意しました。また、使えるアイコンの検索・ショートコードのコピー機能も管理画面内に追加されます。

v4で削除になる機能

v4では以下の機能が廃止になります。

中には利用していた機能もあるかもしれませんが、流行り廃りや、他の設定への影響度を考慮しての廃止となりますのでご理解の程よろしくお願いいたします。

  • ヘッダーメディアの一部機能
    • ヘッダーメディアの全ページ表示やヘッダーを画像に重ねる設定が廃止になります。
  • アイキャッチ画像の表示・非表示切り替え設定
    • アイキャッチ画像を設定するけどページに表示しない…というページを作りたい場合はページテンプレートを切り替えて頂く必要があります。
  • ワンカラムテンプレート設定
    • ワンカラムでもサイドバーありでも設定が共通になります。
  • 「この記事が気に入ったらフォロー」表示
    • 最近はあまり流行らなくなったかな?ということで廃止しました。
    • 必要があればプラグインなどで追加してください。
  • SNSシェアボタンの設定
    • RSSとFeedlyボタンを削除しました。
    • 列数設定を削除しました。
  • 簡易人気記事ランキング機能
    • ランキング表示はプラグインを活用していただく形に変更になりました。
    • ランキング表示サポートとして「Simple GA Ranking」プラグインとの連携機能を追加しています。
  • 廃止になるウィジェット
    • 共通 : 表示日付などの詳細設定機能を廃止しました。
      • 今後、ウィジェット機能については基本的に強化しません。
      • yStandard Blocksに同様の機能を追加予定です。
    • yStandardテキスト
    • yStandardカスタムHTML
    • シェアボタン
    • ランキング
    • タクソノミー
  • 廃止になるショートコード
    • 共通 : ショートコード共通の詳細設定機能を廃止しました。
    • 著者リストショートコード ys_author_list
    • 記事ランキングショートコード ys_post_ranking
      • 既存ショートコードは記事一覧表示ショートコードとして動作します
    • 記事一覧作成ショートコード ys_get_posts
    • 汎用テキスト ys_text
  • 独自カスタマイズテンプレートの削除
    • user-custom…系ファイルの削除
    • headへのコード追加などは別途プラグインを使ってもらうか、functions.phpでカスタマイズする方法のマニュアルを用意します

マニュアルページの準備について

v4.0.0公開時点ではマニュアルはほとんど用意できておりません…

2020年4月下旬にv4.0.0としてリリース出来る形に開発が落ち着き、そこから約70ページほどのマニュアルを整備する見込みでした。

ただ、70ページ分のマニュアルを用意するのはどうしても時間がかかり、マニュアルをしっかり準備するとなると、リリースがGW明けになることは確実でした。

「GW中にサイトのメンテナンスをする方も多いはず…v4.0.0はGW前にリリースしたほうが良いのではないか?」と思い、TwitterとyStandardユーザーコミュニティ内でアンケートを実施しました。

結果としては「先にテーマをリリースしてマニュアルは順次追加」の方が得票数が多くなったため、GW中にテーマを先行リリースして、追々マニュアルを追加していく形といたしました。

もし、マニュアルが揃ってからアップグレードしたいという場合は、一旦アップグレードを見送って頂き、マニュアルが整備できてからアップグレードすることをオススメします。

マニュアルの整備状況については 公式Twitter をフォローするかユーザーコニュニティにご参加いただけるとわかりやすいかと思います。

v3→v4へのアップグレード方法

v4の動作要件

v4.0.0以降はPHPバージョン・WordPress本体のバージョンが以下条件を満たす必要があります。

  • PHPバージョン : 7.3以上
  • WordPressバージョン : 5.4以上
    • ブロックエディターの利用

上記以外のバージョンでも動作する可能性はありますが、サポートはしておりません。
※PHP 5.6では動作しません。ご注意ください。

また、クラシックエディターについてもyStandardではサポートしない方針といたしましたのでご了承ください。

(問題なく使えるようであれば使っていただいても大丈夫ですが、今後の機能追加はブロックエディターにのみ実施されます。)

アップグレードの有効化

まずは yStandard v3.15.0 へアップデートを実施してください。

その後、v4へのアップグレード機能を有効化することで、管理画面からアップグレード出来るようになります。

PHPテンプレートに変更がありますので、子テーマでPHPファイルのカスタマイズをしている場合は、必ずテスト環境で動作確認してからアップグレードを実施してください。

アップグレード機能の有効化手順は以下の動画をご覧ください。

設定移行ツール

v3からv4へ移行する際に変更・削除される設定が多いため、設定の移行・削除ツールを作成しました。

ダウンロードと使い方はこちらのページをご覧ください▼

yStandard v3 → v4の設定移行ツールの使い方
yStandard v3 → v4の設定移行ツール「yStandard Migration」の使い方について紹介します。
wp-ystandard.com

ダウンロード

テーマファイルをダウンロードする場合は、ダウンロードページより最新のyStandardをダウンロードしてください。

yStandardのダウンロード
yStandardテーマ本体・子テーマのダウンロードページです。 yStandard 本体 yStandardをダウンロード 動作に必要な環境 WordPres…
wp-ystandard.com

ではまた。